援交女子と今度会おうという話になります

最近の援交は若年化しているらしいです。
援交っていうと少女とおじさんと思いがちですが、男子大学生が女子高生と援交したり、男子高生が女子中生と援交するような、
何にも知らないお母さんが聞いたらひっくり返りそうなな話もあります。
この若年層の援交の媒体になっているのがなんと、携帯のゲームサイトだということです。
いわゆるモバゲーです。よく、電車の中でも、夢中になっている人があるあのモバゲーです。
基本的に無料で、いろいろ遊べるので時間つぶしにはもってこいなんですがここに愛好者同士のコミュニテイーがあります。最初はゲームの話で盛り上がります。
攻略法なんかを自慢したり交換したりするんです。ここまでは別に問題ないですよね。
普通に趣味の会です。
ところが、だんだん親しくなってくるとメル友状態になって、ゲーム以外の話題でも盛り上がって、今度会おうという話になります。
ここで親しくなる男女は出会い系よりはぐっと若くなります。
出会い系では年齢制限があって、登録できない若い人たちです。
元々が、ゲームサイトの知り合いですから、話は弾むし、出会い系よりは楽な感じなのかもしれません。
お互いに出会うだけでも楽しい、うまくいけば交際に発展できるので、夢中になってしまう子たちもいます。
別に交際に発展するのはいいことかもしれないんですけれど、中にはデートしたら、ごちそうしてもらったり、何か買ってもらったりするのが目的の子もいます。
こんな女の子たちのお願いは段々エスカレートします。
最初はちょっとしたごちそうがうれしかったのに、お店の格にまで注文があったり、ちょっとしたプレゼントを喜んでいたのに、ブランド指定があったりしてやがて、
大きなお金を使わされるようになっていきます。

料金表が明示されるハズもありません

「最初の話と全然違うゾ!」・・・このトラブル故、結果予定以上に出費がかさんでしまうケ−スも多々見られます。
援交全てがこんな展開とは言いませんが、「これ以上は一銭も払わない!」という場面と遭遇する事は往々にしてある事です。
あくまで密室内での折衝ですから、正確なところは推察だけでは断言出来ませんが、それは援交の時間であったり、2ラウンド続行に関する事だったり、
あるいはセックスは良くてもキスはダメ、といった条件面だったり、
さまざまな規約的な事が絡んで来るのでしょう。
また、若い女の子を希望するだけで、最初から金額面がアップするシステムも存在するようです。これらに関しては、ある程度は許容妥協せざるを得ないのが現状です。
何より援交は違法行為ですから、アナタがあまりに細かい事を口にし過ぎると、結果アナタ自身に危険が及ぶ可能性が高まります。
相手は非合法組織ですから、結果脅されたり、さらには暴力団の存在も視野に入って来ます。
ですから条件面で文句を伝える際には、常に「向こうの背後には暴力団」という意識を忘れてはならないのです。
元来、援交が安全である事も、料金表が明示されるハズもありません。援交を堂々と満天下に謳う広告など存在しません。
こんな水面下の行為である事を認識し、もしも「怖い」と少しでも感じるのであれば、援交には手を出さないのが賢明です。

どんどんとひどい事になっています

出合い系サイトが犯罪の温床、悪の巣窟のように思われているというのも決して大げさではありません。
実際にそのような犯罪が行なわれているのですから、仕方がないことでもあるわけです。
特に以前は直接的に規制する法律がなかったことからその数も多かったようです。
いくつかの法律や条令などをかき集めて何とか取り締まるというものでしたから、罰則も小さくたいしたダメージを与えることもない場合もあったようです。
その結果、逆にこれくらいの事ですんでしまうのかと、助長とまでは行かなくてもそれに近い感覚が生まれていなかったとはいえないでしょう。
特に、援交などで身体と引き換えに、金品を得ていた未成年者にとってはたいした問題ではなかったまでしょう。また、援助する側に対しても同様でした。
それが児童ポルノ禁止法によって取締りというものに大きな意味が出てきました。
さらに青少年育成条例など直接的に規制して多大な罰則が与えられるものの登場で、出合い系サイトなどでのおおっぴらな活動事態は沈静化はしています。
ただ、形を変えてあるいは、隠語などでやり取りする事で、その活動が続いているのも確かです。
その結果として、未だに摘発を受けるものが少なくありません。
また、援交以外でも、犯罪に関わるような事が出合い系サイトでは起きています。そんなひとつに美人局的なものがよく行なわれていると聞きます。
はっきり言って一番リスクもなく簡単に出来る犯罪です。
そもそも美人局というのは、女房を寝取られた旦那が、その現場を抑えることで、相手の男から慰謝料としてお金を巻き上げるという古典的なものでした。
これは厳密に言うと、犯罪といえるかどうかは分からないもので、相手も被害を受けたというより、怖い思いをしたと思ってしまうものです。
要するに被害届けは出される事はないという詐欺行為です。
しかも、多くの場合はちゃんとやらせてもらえるのですから、被害者的には仕方がないというあきらめの気持ちも生まれるのでしょう。
そこから、だんだんと夫婦でもない間柄の男女になり、最近では何もしないうちに男が現れて金だけをとられる。
あるいは、女性にすら逢えない(元々存在しない)場合など、どんどんとひどい事になっています。
これら出合い系での犯罪によって、出合い系サイトがその本来の目的を忘れたものと思われていることは悲しむべきことでしょう。

一回のセックスにそんな重みがあるでしょうか

これだけ「援交は犯罪である」と言われているのに、後を絶たないこの被害。出会い系サイトのトラブルで非常に多いのが「援交」です。
セックスするなら若い女性がいい!と考えるのは仕方がないことかもしれませんが、お互い合意の上であっても、成人男性が18歳以下の女性とセックスをするのは犯罪です。
この事をしっかり頭に入れておかないと、トラブルに巻き込まれるばかりか「全国放送のニュース番組で実名を報道される」と言うことにもなりかねません。
法律上、18歳以下の子供とわいせつな行為に至った場合、「児童買春・児童ポルノ処罰法」と言う法律によって裁かれることになります。
なにげないたった一回のセックスが犯罪に結びついて、すべてを失ってしまう可能性があるということです。
援交は、相手側が18歳以上だと偽って話をもちかけ、セックスした後に16歳、17歳と実年齢を明かすこともあります。
これで逮捕されてしまうと、仕事や家庭を失ってしまう危険性があります。
そればかりか、一生不名誉なレッテルを貼られて生きていかなければならないことになりかねません。
よく考えてみて、一回のセックスにそんな重みがあるでしょうか。
「逮捕されたくなかったら金を出せ」、そんな風に脅す輩もいますので、相手の年齢にはよくよく注意を払ってください。
「どうも若すぎる」と思ったら、即撤退、くらいの心構えを持っていてもちょうどいいくらいです。
もっとも、このような子供だましの恐喝に怯える必要はありません。
援交は体を売った側も罪に問われるので、脅してきた側も安全ではいられないのです。それを知っていれば、もっと堂々と振る舞えるでしょう。

援交の増加を生み出しているのです

援交が犯罪であることは言うまでもありません。しかし、依然として援交を行う者は大勢いるようです。
最大の理由は、やはり援交の摘発率が、非常に低いということです。
援交は、現行犯で逮捕されることはまずないので、どちらかが自供でもしない限りは、援交が発覚することはありません。
そのため、援交で逮捕されるケースは、かなり低くなっているのです。
なので、援交をしてもどうせバレることはないという思いが、援交の増加を生み出しているのです。
しかし、援交が摘発されたケースも、決してないわけではありません。援交は、大抵は未成年の女の子が行うものです。
もし女の子が、男性に淫らなことをされると、家族や警察に援交をしたことをバラすかもしれません。
また、たとえ女の子が援交をバラす気はなくても、家族に問い詰められて、なくなく自供してしまうケースもあるのです。
なので、援交がバレる可能性は、十分にあり得るので、そのことをしっかりと考えてもらいたいと思います。

援交も売春もどちらも犯罪行為です

援交という言葉を使ってもやっている行為は売春と全く違いはありませんから、援交も売春もどちらも犯罪行為です。
どこが犯罪行為になるのかというと、もちろんセックスをする行為自体に問題は何もありません。
むしろ人間の3大欲求の1つとも言われるぐらい人間の生活に切り離せない部分です。
しかし、そのセックスは元来子供を作るため、
愛を確かめるための行為をされていたのでそれを奴隷のようにお金で人間を買うなんて・・・・とお金を払ってセックスをする行為が犯罪行為に該当するというわけです。
だったら風俗やソープは?合法なんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。確かに風俗は合法です。風俗に行って警察に捕まったという男性はいないでしょう。
しかし、ソープは一緒にお風呂に入ってオナニーを手伝う事で欲求不満を解消する事は出来ますが本番をする事は出来ない事になっています。
もし出来るお店があったとしたらそれは法律に違反した行為になるので見つかればお店は摘発されてしまうでしょう。
お金を払ってでもセックスがしたい男性とお金がもらえるのならセックスをしても構わないという女性がいてギブアンドテイクな関係が成立しているのだから問題ないと思うのですが、
倫理的な側面でそれを犯罪と認識する人が現段階では多いため犯罪になりますし、本音では援交賛成派だったとしても、それを公に賛成と名乗りでるのは難しいため、そう簡単に法律も変わらないでしょう。
しかし、セックスの意識が昔と今とでは変わってきていますから、そのうち法律も変わり援交は犯罪にならないそんな時代も到来するかもしれませんね。

過去補導逮捕された女性の大半は女子高生です

今日では携帯電話を持たない人を探す方が難しくなりました。携帯電話という存在は、仕事や私生活を問わず、本当に便利なモノだと言えます。
場所を選ばず相手に連絡出来ますから、営業マンの仕事の効率も高まり、更にはインタ−ネットも手元で活用出来ますから情報収集にも事欠きません。
そんな携帯電話の普及の原動力となったのが、女子高生を中心とした若い女の子であり、彼女達の愛用が引き金となって一気に世間に拡張普及し、それが結果、
援交の水面下での広がりを招いたのです。
援交と女子高生は密接な関係にあり、過去補導逮捕された女性の大半は女子高生です。
れっきとした違法行為にも関わらず、未だ無くなる気配すら見せないのは、携帯電話という存在が大きく影響しています。
かつては援交に際しての電話番号を知る事だけでも非常に困難でしたが、今は手元の携帯でそれらに関わるサイトにも簡単にアクセス出来、
相手との電話やメ−ルも簡単かつダイレクトに行えます。
「メ−ルくださいネ」の一文だけで援交を始める事が出来るのです。
援交と女子高生と携帯電話という密接な関係が確かめられる状況なのです。援交は当然、成人であっても手を染めた瞬間、それは犯罪です。
逮捕されてしまえば、あまりに失うモノが大き過ぎる違法行為なのです。警察側もインタ−ネットのサイト運営者も、常に警戒している事も知っておいて下さい。

既に居場所がありません

DV。これも家出を決意させる、深刻な理由の1つです。
「チョット親に叩かれただけだろ?」と軽く捉える向きもありますが、現実は非常に深刻なケ−スが多々存在しているのです。
家庭内の問題に関しては、外部の他人が干渉出来ない空気慣例がガッチリ出来あがっている事が、これを深刻化させ、拍車を掛けているのでしょう。
昔はどこにでも、いわゆる「おせっかいな人」が1人は存在していました。
問題のある家庭にも踏み込んで行って仲裁する風景も、あちこちで茶飯事でした。
しかし昨今では近所づきあいのスタンスや価値観礼儀も変化して来て、家庭内の深刻な問題はその家庭内で閉ざされる様になっているのです。
これがDVやモラルハラスメントに繋がって行くのです。DVなどで追い詰められて家を飛び出した彼女達には、既に居場所がありません。
切羽詰まった行動に出ざるを得ないのです。
これに付け込んで援交を迫る大人も少なくない事が、家出サイト自体を問題視する風潮に拍車を掛けているのです。
たとえこのような女の子に出会ったとしても、無理矢理肉体面の欲望を満たそうとしてはならないのです。
彼女達は被害妄想が強い精神状態に加え、非常に臆病です。
突っ込んであれこれ尋ねる事も、結果彼女達を更に追い詰めてしまいます。家出に至った経緯に関しては、暫くは触れずに居てあげましょう。
但し、相手が話したがっているのであれば、聞いてあげましょう。但し親身になってあげてもメリットも善処の術もありません。他人事として受け止めてあげて下さい。
更に、この手の女の子の多くは身体に傷を負っているケ−スも少なくありません。
ベッドインの際には、あらかじめその点を覚悟しておく事が必要です。それと一番肝心な事。
それは、彼女達は一旦その居場所に安心感を抱くと、動かずに居着いてしまう傾向があります。受け入れるか拒絶するか、それはアナタ次第。
この展開も予想しておいて下さい。
仮に受け入れた場合、法的な問題が生じる可能性もありますが、何より相手の家族との関係の問題は複雑で重たい事ですので、更なる覚悟が必要でしょうネ。

金額交渉から全てを1人でこなしているケ−スもあります

援交の申し込み方。これにも色々な方法があるようです。
主導権はお金を出す側にある、と考えるのが一般的ですが、相手側は会社組織としてビジネスライクに運営しているところもあれば、女性1人が窓口となり、
金額交渉から全てを1人でこなしているケ−スもあります。
あるいは単純に「お金払うから1発ヤラせろ」というモノもあれば、「前金○○を先にお支払い下さい」というモノまで。
女性の身体の提供を受けるのにも、どうやら色んな選択肢が存在するみたいですネ。
ここで気をつけねばならないのは、お金を出すから何でもOK!という訳では無い事をしっかり自覚しておく事。
過ぎたる強要行為は、後々自分自身が痛い目に遭う状況を招き兼ねません。
突然怖いお兄さん達が登場してボコボコのプレゼントを届けて来ないとも限らないのです。
「金を払うんだから何をやっても構わない」とだけは、断じて思ってはならないのです。
女性側にしても、相手はどんな性癖の男性か分かりませんから、高飛車な言動は慎むべきです。
力では男性にはかないませんし、あくまで男性側がお金を払う立場である事を弁えていなければなりません。この辺りは大人の対応が必要条件です。
暗黙のル−ルは援交にも当然存在しています。暗黙のル−ルは口に出さずとも、あらかじめ理解していて当然です。
その辺りの礼節を理解出来ないのであれば援交には手を出さない方がベタ−です。
何より最後に、アナタに全てのしっぺ返しが届くのが、援交の一面なのですから。

経済的に余裕がある生活環境の元でのお遊び感覚の売春なのです

最近当たり前のように使われる言葉「援交」。中には小中学生までが使っていて驚くばかりです。
援交とはとどのつまり「売春」の言い方を変えただけであってルーツは戦前の赤線、更にその元を辿ると吉原の娼婦に辿り着く伝統あるものです。
しかし呼び方がどう変わろうと、男性が女性に金品を与えてセックスするという基本構造は変わっていません。
ところが援交という言い方をするだけで、とてもお洒落なイメージに変わってしまいます。
やってる事は同じで、エッチで卑猥な事を繰り広げているのは否めません。
もっともかつての売春には、まだ生活するためやむを得ず、という理由がありました。
お金がなくては何も食べられず飢えて死ぬだけという切羽詰まった環境で、やむを得ず行われた売春が大半でした。
ところが昨今の援交はというと、生活のためという切迫した理由も皆無ではありませんが、大半が「遊ぶ金ほしさ」「買いたい洋服がある」など、
経済的に余裕がある生活環境の元でのお遊び感覚の売春なのです。
もっとも、男性としてはそういう明るい女性を相手にする方が気楽で、安心して抱けるのはあります。
女性の方も自分の体をどう使おうが勝手でしょ、という罪悪感の皆無な状況で、何をされるかわからない見知らぬ男性に抱かれ、お金を受け取っているのです。
援交も法律で禁止されている売春であることは間違いがなく取り締まりも厳しくなるかもしれませんが、援交をする女性たちに罪悪感がない以上、
援交とは別の形態に変わってでも売春は存続していくものかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ